androidアプリを開発|ipadアプリやandroidアプリ開発【便利な通訳アプリ】

androidアプリを開発

スマホ

androidのシェア率

androidは日本において、シェア率はそれほど高いものではありません。しかし、全世界に目を向けてみると実はandroidのシェア率はとても高いことをご存知でしょうか。そのため、androidアプリを開発する場合には海外向けのアプリがおすすめだと言われています。

androidアプリの作り方

androidアプリに携わる場合には、特に必要な資格がありません。そのため、パソコン環境さえあればどの企業でも開発することが可能です。しかし、当然、アプリを開発するにあたりプログラミング言語に関する知識は必要になってきます。

アプリ開発を委託

自社で一からandroidアプリを開発しようと思えば、プログラミングからマーケティングまで、様々な工程がありアプリ導入まで時間がかかってしまいます。しかし、今ではアプリ開発をサポートしてくれる会社が存在していますので、プログラマーを有していない企業は委託するのもいいでしょう。

androidアプリ開発での注意点

no.1

著作権の侵害

アプリを開発する上で最大のタブーとされているのが、「著作権の侵害」いわゆるパクリというものです。androidアプリ開発ではある程度の自由がありますが、キャラクターや世界観の作り方には注意しておきましょう。

no.2

アダルト、ポルノや賭博行為の禁止

せっかくアプリを開発しても、審査機関での承認が下りない場合には永久に公開されることはありません。特に、最近ではアダルトやポルノを扱うアプリ、またオンラインカジノを介してリアルマネーの提供を行なうようなアプリが原則として禁じられています。

no.3

デバックを設ける

アプリはダウンロードした顧客が円滑に使うことで初めて評価されるものです。そのため、デバックに時間をかけることが非常に重要になります。実際にデバックでアプリのフリーズやスマホ自体が落ちてしまうような不具合をチェック、改善することで品質のいいアプリが出来上がるのです。

androidアプリとiosアプリの開発メリット

androidアプリの場合

・海外においてシェア率が高く、世界全体でのダウンロード数が見込める
・アプリの審査、申請が通りやすく自由度の高いアプリが開発できる
・開発言語が「java」でプログラミングがしやすい
・利用するパソコンがmacとwindowsのどちらでもいい

iosアプリの場合

・日本においてシェア率が高く、国内でのダウンロード数が見込める
・どの端末においても違いがでにくい安定性の高さ
・セキュリティ性に優れているので、ウイルス感染する確率が低い
・検証端末が少なく、開発コストを削減できる

androidアプリを作る

androidアプリを作るのなら、最低限のプログラム言語に関する知識とどのようなアプリを作るのかのビジョンをしっかりと持っておくべきです。また、アプリ導入した後のマーケティング戦略もきちんと考えておきましょう。

広告募集中